チャンネル名「フィレンツェ観光ガイド片庭みめ」さん
「フィレンツェ郊外の高級ホテルvilla coraヴィッラコーラ」
2016/07/28公開
この動画のYouTubeページ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次
1、「片庭さん」はイタリアで観光ガイドの経営者
2、高級ブランドの「購入代行」も頼めそう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、「片庭さん」はイタリアで観光ガイドの経営者


「オススメランチ!フィレンツェ伝統料理の
トラットリア「Gozzi」ゴッジに行ってみましょう!」
2014/07/23公開
この動画のYouTubeページ



フィレンツェの名所から有名ホテル、トラットリアやジェラートのお店など、ディープでローカルな情報がたっぷりで、見ごたえのあるチャンネルです。

ざっくり300本超もの動画です。これを見るだけでかなりのフィレンツェ通になれますよ。

片庭さんの動画は基本広告が入らないので、ご本人がつくった「再生リスト」をみれば、CMなしでどんどん、次々と見ることができます。


それはYouTubeをあえて「収益化」設定にしていないためです。


ご本人はフィレンツェを中心に観光ガイド業をなさっているので、会社の「公式サイト」的にYouTube配信を利用しているからでしょう。


そのため、話し方も少々ビジネスライクな感じになっていますが、情報の充実さを考えると、割り引いても十分おつりの来るレベルのすばらしい動画になっています。


YouTubeとしてはちょっとキチンとし過ぎている感もありますが、なにせ本業。解説もしっかりとした内容ですし、観光客作成の動画ではとても見ることができないような「穴場」も沢山紹介してくれます。


最近の動画は(コロナもの以前)、配信を始めた当初よりも、その辺を意識してフランクさを出したナレーションになっています。


また「ガイドブック」には載っていないような、ジェラート屋さんやレストランもうじゃうじゃ出てきます。


「ササっと」次の目的地に急ぐツアー旅行では、とても見ることができないような手応えのある動画が沢山ありますよ(^^)。


わたしはフィレンツェのランチセットでは、「ワイン」と「水」がほぼ必ず「セット」になっているということを初めて知りました。驚きですねw


やっぱり「YouTube」は、TVの旅行番組ではまったく知ることができない素晴らしい情報がカンタンに手に入ることを、あらためて痛感しましたね。


それに「現地に住んでいる日本人」をカンタンに見つけることができるのもすばらしい!


「ZOOM」なんかで、カンタンに相談だってできますよね。

「フィレンツェNEW OPEN!「バラの形のジェラート」amorinoアモリーノ」
2017/09/20公開
この動画のYouTubeページ
ジェラートにちょっとかけるとおいしい「オールフルーツドリンクビネガー」 

2、高級ブランドの「購入代行」も頼めそう


170本連続再生「フィレンツェ動画」再生リスト
この動画のYouTubeページ

ブランド洋食器の「無料出張査定・無料買取り相談『TWO LOOP』」 

かなり個人的な話しですが、片庭さんにイタリアの職人が作った「楽器の代行購入」なんかも「頼めるかなぁ・・・」と、ゴソゴソ思案しています。


ビデオ通話アプリを「オンライン状態」で楽器店に連れて行ってもらえば、同時通訳も合わせてしてもらえるわけですよ!


ガイド代のお支払いも、商品代も「スクウェア決済」の「遠隔地決済システム(「スクウェアインボイス」)でカード決済できます。


スクウェア決済公式サイト

スクウェア決済の「遠隔地間決済の方法」を解説した公式YouTube動画

スクウェアがなくても「PayPal」ならあるはずです。


わたしはヴァイオリンは門外漢ですが、ヴァイオリン制作の聖地「クレモナ」も北イタリアで、同じ北イタリアの「ミラノ」よりは、はるかに「フィレンツェ」から近いんですよね。


さらに、「フェラガモ」「グッチ」はフィレンツェに本店があります。日本で手に入らない「限定もの」なんかの代理購入なんかも頼めるわけです。


「ミラノ」には「プラダ」「ベルサーチ」「ジョルジオ・アルマーニ」が本店を構えています。なかでもミラノの「ミュウミュウ本店」の店内は素晴らしいようです。


ビデオ通話アプリを使えばそんな場所も案内してもらえますよね。見てみたいと思いませんか?


観光客が皆無に近いこの時期、日本に居ながらにして1回1時間くらいの「低額ツアー」もお願いしてみては?(^O^)


動画説明欄の公式サイトリンクから気軽にメール相談できるようですよ。

使わないブランド品はまず換金!


ブランド食器無料出張査定。
まずは「価値を把握」