チャンネル名「戸田覚」さん(①)
「3分でわかる!テレビ会議の選び方。色々あって迷っているなら
これを使いましょう。」
2020/04/23公開
3分41秒
この動画のYouTubeページ



きょうは「ウェベックス」の動画をチェックしまくりました。


日経新聞情報提供のデータ放送で、「ウェベックスの売上が3月・4月の2か月で、去年の3倍になった」というニュースを見たからです。


どうやら世界的にはシスコシステムズの「ウェベックス(Webex)」は信頼度が高いようです。


そこで今回は「Webex」と「ZOOM」のどちらがいいのか、まとめました。


ちなみに、発音は「ウェブ・エックス」という人と、「ウェベックス」と発音する人の両方がいますが、


ネイティブのアメリカ人の発音は「ウェベックス」です。早口が基本の英語で発音すれば当然そうなるので、国際的企業間取引での利用が中心になると思われることを考えると、「ウェベックス」と覚えたほうがいいでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次
1、「ウェベックス」の長所と短所
2、「ズーム」の長所と短所
3、まとめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、「ウェベックス」の長所と短所

①「ウェベックス」の最大の長所は、「セキュリティの高さ」です。でもこれは裏返すと「操作ステップが多すぎる」ことにつながっていて、高ければいいというわけではありません。


② 海外の政府機関や国内外を問わず「ZOOMの使用を禁止」している企業も多いため、海外との企業間取引などでは、「ウェベックス」を使わざるを得ないでしょう。


③ 一方「ウェベックス」には決定的に使いにくい欠点があります。参加中メンバーのうちの誰かが発言すると、その人の顔が、主催者でもないのに、勝手に画面いっぱいにクローズアップされてしまうことです。戸田さん②の動画「6分50秒あたり」参照

チャンネル名「戸田覚」さん(②)
「【保存版】Webex Meetingsの一番わかりやすい使い方。
これさえ見ておけば、すぐに利用できます! 
無料テレビ会議のおすすめサービスです!」
2020/04/23公開
13分36秒
この動画のYouTubeページ


「さつまいもちょろもん」さんの動画でも、400人が参加した大学の講義で、一人の学生が私語で話したがために、教授の顔がメインから消えて、その学生の顔がメイン画面に大写しされたそうです(笑)。(1分30秒あたり参照)

ちなみに動画中では、「ウェベックスの自動機能」とは気づかずに解説されています。


「くしゃみすらできない、物音もたてられないビデオミーティング」です。ツライ(^^;)


いくらセキュリティ万全のシスコシステムズ社製アプリでも、これじゃぁ実際には使えませんよね・・・。

チャンネル名「さつまいもちょろもん」さん
【Zoom】現役大学生がオンライン授業の実態を語り、再現【Webex】
2020/04/27公開
4分40秒
この動画のYouTubeページ



④ それ以外にも欠点があります。「音質が悪い・変な電子音が入る」ことと、システムのファイルサイズが大きくて「重い」ことです。(戸田さん②の動画「6分40秒あたり」参照)


⑤ もう一つ非常に使いにくいのが、会議をスケジューリングしたときに、勝手に「時間がくるってしまう」ことです。


初期設定の「タイムゾーン」が「シンガポール」などになっているようで、これを「日本」の都市に設定変更しないと、スケジュールした時間にはミーティングが始まりません・・・。

びみょうですよね。(戸田さん②の動画「4分30秒あたり」参照)


⑥ もう一つ決定的なのがウェベックスには「バーチャル背景機能」がないこと。これは大きいですよね。


2、「ズーム」の長所と短所

① 音質がいい

② 動作がかるい

③ セキュリティ面もどんどん改善されている

④ 「バーチャル背景機能」がある。これは「Google Meet 」でもまだない機能なので、この存在は大きい。(「短所」の説明がないことはスルーでお願いしますw)


3、まとめ

こんなわけで、現実的に使いやすいのは、今のところ「ZOOM」でしょう。とくに仲間うちで使う分にはもってこいです。


国際的なお堅い仕事、役所仕事のときは、「使いたくないけどウェベックス」って感じでしょうか。


でも、わたしはいつのまにか「Google Meet」が主流になるような気がします。


実は4・5日前から私の「Gmail」にも(PCのchrome)、「Meet <New> 会議を開始」というボタンが出るようになりました。


わざわざアプリを立ち上げなくても「そこにあるボタンを押すだけ」という状態が常にあるのは魅力です。


「Google」はいつも着実に、そしていつのまにかあたらしいバージョンを実装して、知らぬ間に使い勝手が改善されていきます。


Googleにとって「バーチャル背景機能の追加」など、朝めし前でしょうから、すぐに実装してくるでしょう。


それにGoogleはよほどの高機能部分以外は、基本的に「無料」でサービスを提供する会社です。


これらを考えると、「Google Meet」がいつのまにか主流になるような気がします。


「ウェベックス」のCMが渡部直美なら、「Google Meet」のCMは「誰になるのか?」、今から楽しみです(^O^)。